量子力学と引き寄せの法則をもとに、ストレスを解放するとどうなるのか考えてみた

世の中のものは、全て「波動」でできている

この世の中にあるものは、全て波動でできています。

これは、オカルトでも何でもなく、量子力学という分野で科学的に証明されているものです。

 

例えば、物質の最小単位といえば、原子、分子、電子、光子などいろいろあります。

このような物質をつくる小さな単位は量子と呼ばれ、それらを研究する学問は「量子力学」と呼ばれています。

 

そして量子は、人の意識が介在することで物質となり、意識がない所では波動となることが確認されています。

(※私も量子力学の細かいことまでは理解していないので、多少の解釈の間違いはあるかもしれませんが、悪しからず)

 

二重スリット実験

量子の研究で有名な実験として、「二重スリット実験」というものがあります。

これは、下の図のように、電子を発する銃を2つの穴の開いたスリットに向かって打つと、スクリーンにはどのような絵が映し出されるのかという実験です。

(※電子とは、人間の目では見えない、ものすごい小さな「粒」のことです。)

 

普通に考えたら、2本の縦模様がスクリーンに映し出されるのではないかと思うのですが、実際には・・・

 

このように複数の縦模様があらわれるようです(笑)

粒だった電子が、波に変化した!という見方ができるようです。

 

では、電子はどのような動きをして複数の縦模様をつくっているのか、その様子をカメラを使って観察しようとしました。

 

上の図のようなイメージですね。

しかし、カメラを置いて電子銃を撃ったところ、スクリーンに映し出されたものは・・・

 

はい、このような2本の縦模様ができ上がったそうです。

とても不思議です・・・

 

ここで大事なポイントは、カメラがないと電子は波のような動きをし、カメラが入ると電子は粒のままだった、ということ。

つまり、人間の意識が入ることにより物質は形づくられ、意識が入らないと物質はそもそも存在しない、というふうにも考えられるのです。

(※二重スリット実験について詳しく知りたい方は、こちらのサイトをご覧ください。画像もそこからお借りしています)

 

自分の信じ込んでいるものが、目の前の現実を創り出している

極端にいってしまえば、物質というのは、人間の意識が入らない限り存在できないということです。

 

これまで私たちは、物質はすでにそこに存在しているものと思っていたのかもしれませんが、それはどうやら誤りといえるのかもしれません。

私たちが信じたものが、そのまま現実の現象としてあらわれるということです。

見たから信じるのではなく、信じたものが形づくられる、と言うこともできますね。

 

このように考えると、嫌なこと、ストレスに感じること、苦しいこと、というのは、全て”自分が信じ込んでいたもの”がつくり出している、ということもできます。

(認めたくないかもしれませんが。。)

 

しかし、逆にいえば、私たちが信じたものがそのまま現実社会に現れるのだとしたら、この世の中は自分の思うがままに、自由で楽しいものに創り上げることは十分に可能、という見方もできるのです。

 

引き寄せの法則?

さて、「引き寄せの法則」というものがあります。

オカルトチックな感じですが、簡単にいえば、その物の発する周波数によって引き寄せられるものが決まってくるというものです。

(※いろいろな考え方はあると思います。)

 

人間含め、この世に存在するものはすべて固有の周波数を放っています。

「引き寄せの法則」なんて言わなくても、私たちは自分自身が発する周波数によっていろいろなものを自然に引き寄せているのです。

 

その証拠として、下記の写真のように、砂に固有の周波数を聞かせると、様々な形に変化するという実験があります。

(※詳しくはこちらのサイトをご覧ください。画像もそこからお借りしています。)

 

つまり、自分自身の発する周波数を変えてしまえば、引き寄せられるものも自然と変わってくるということですね。

 

感情が現実化する

量子力学の実験から、この世の中に存在するものは、すべて私たちの意識が創り上げたものということがわかりました。

それならば、自分の好きなように現実世界をつくり替えることは誰にでもできることなのです。

 

しかし、そうはいっても現実問題なかなか難しい・・・ところもあると思います。

なぜなら「好きなように現実をつくることは難しい」と多くの人が信じ込んでいるからです(笑)

 

好きな現実を創り出すために、「引き寄せの法則」などと考えなくても、ただ個性に沿って生きていれば、個性に合った現実というのは自然に引き寄せられてくるものです。

 

そのためには、まずは自分の個性とは異なる「信じ込み」を消化することから。

もし、自分には「価値がない」と信じ込んでいるのだとしたら、自分に価値がないと感じる出来事が引き寄せられます。

「愛されていない」と信じ込んでいるのだとしたら、自分は愛されていないと感じる出来事が引き寄せられます。

 

「価値がない」「愛されていない」という信じ込みが、そのような感情を感じさせる出来事を引き寄せる周波数を放っているのです。

 

まずは、不要になった感情を手放すこと。

手放すことにより、その下から「本当の自分」が顔を出し、自分の個性に合った出来事を引き寄せる周波数を自らが放つこととなります。

そうして、思考を使わなくても、自分の個性に沿った心地よい現実が、自然とつくられてくるのです。

(望む現実をつくるのに、本当に思考は必要ありません)

 

*****
はじめての方へ
RASとは?
RASセッションの流れと料金
クライアント様の声
よくある質問
お問い合わせ
*****

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PROFILE


RAS認定ファシリテーター®
水谷 悠介
普段は、JR横浜線大口駅近辺のサロンにて行なっております。また、月に数日間、新潟市や静岡県三島・函南方面への出張セッションを行なっております。詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

ページ上部へ戻る